体毛の自己処理の悩み

体毛の自己処理で最も悩むことは、背中など手が届かない部分の体毛を処理することができないことです。夏は背中を出した服を着たいなと思っても、背中の毛が自分で処理出来ないのでとても恥ずかしいです。そして自分では見えにくい部分(太ももの裏や二の腕部分など)を処理することも苦労します。きちんと処理出来ているかが確認できないので人に毛が残ってるなどの指摘を受けた時にはものすごく恥ずかしく思います。この背中の毛の処理の難しさを知って、脱毛に通うことに決めました。(※このサイトで探しました⇒脱毛倉敷市

 
次に悩むことは、剃っても次の日にはすでに生えてきていることです。前日に頑張ってキレイに剃っても普通に1ミリ程度次の日には生えてきます。毛がない状態が数時間しか続きません。なので、ノースリーブの服を着たくてもすでに生えてきているのでなかなか着ることができません。

 

剃るだけではなく抜いたら良いのではないかとも思ったことがあるのですが、試しにピンセットを使って抜いてみると思った以上に痛かったので途中で断念してしまいました。電動の脱毛器具を使うと痛くないのかなと思ったのですが、知人がいつも血だらけになりながら抜いてるという話をしており怖気づいて使ったことがありません。痛みを伴ってしまうのも体毛処理のどうにかならないかなと思う部分の一つです。
また剃刀で毛を剃っていると、いつの間にか毛が皮膚の中に埋まってしまうようになってしまいました。特に膝や二の腕に毛が埋まってしまっています。爪やピンセットで引っ張り出すのですが、肌をひっかいているのであんまりよろしくないのではないかと感じます。

 
自己処理をし終えた後、体をまじまじ見てみると処理の仕方が甘いのか、一部分だけ剃れていないということが多々あります。次は気をつけようと何回も往復して剃っているのですが、肌の凹凸の問題なのか絶対に剃り残しが発生してしまいます。向きを変えたりしてみるのですがあまりキレイに剃ることができません。挙げ句の果てには力を入れすぎて皮膚が切れて血が出てきてしまう時もあります。

頭の毛以外いらない毛

私は全身脱毛したいです。女性が毛深くていいと思う人はほとんどいないです。

まず、毛の処理が甘くフサフサに生えていると衛生的に汚く見えます。

キレイな指輪をしていてもそこから指の毛が生えてたり、デコルテを見せていてもそこに毛が生えていたら台無しになります。

オシャレなスカートと履いていてもストッキングから毛が見えたり、毛穴が見えると一気におしゃれじゃなくなります。

また服を着ているから大丈夫だろうと腋毛の処理をしていない子がTシャツを着て準備体操をした時腕を上げた瞬間隙間から毛が見えた時は不快な気持ちになり、同時に自分は大丈夫かと心配になりました。

水泳をするとき女子はほぼ全員毛を処理し、甘いところがあると隠します。

また、デリケートゾーンは服で見えませんが、温泉や大浴場に友達と行ったときに立派に生えていると恥ずかしいです。

生理中は毛に血が付着して取るのに手間がかかったり、それが匂いの原因になったりするのでここの処理しておきたいです。

また結婚式で花嫁は必ずデコルテなどの毛を剃ってきてくださいと注意されますし、ブライダル向けのキャンペーンもやっていますので、毛は一般的に見せないのが美でありエチケットだと思います。

毛が生えていると見た目が不衛生で中身もだらしない人にも見られてしまいます。なので毛は処理したいです。

そして剃るのではなく脱毛したい理由は、施術後は毎日毛の処理をしなくていいので時間に余裕が出来るので楽です。

また自分で剃ると全身くまなく見て完璧に剃ったつもりが剃り残しがあったり、剃った後の毛穴が気になったりします。

剃っていくうちにだんだん毛が濃くなって毛穴が目立ち、脇がよく見ると黒いつぶつぶだらけでこれでは剃った意味がないと思う時もあります。

しかし脱毛してしまえばそこの部分は毛が生えてこないのですから剃り残しを気にしたり毛穴を気にしたしすることが無くなります。

全身脱毛してしまえば、毛の処理について一生心配しなくていいのでストレスが一つ減るので脱毛したいです。

私の住んでいる横浜にもいろいろと医療脱毛できるサロンがありましたよ。→医療レーザー脱毛横浜

脱毛サロンでの脱毛よりも、医療クリニックで受けることができる、医療クリニックで脱毛するのが一番手っ取り早いですよ。