体毛の自己処理の悩み

体毛の自己処理で最も悩むことは、背中など手が届かない部分の体毛を処理することができないことです。夏は背中を出した服を着たいなと思っても、背中の毛が自分で処理出来ないのでとても恥ずかしいです。そして自分では見えにくい部分(太ももの裏や二の腕部分など)を処理することも苦労します。きちんと処理出来ているかが確認できないので人に毛が残ってるなどの指摘を受けた時にはものすごく恥ずかしく思います。この背中の毛の処理の難しさを知って、脱毛に通うことに決めました。(※このサイトで探しました⇒脱毛倉敷市

 
次に悩むことは、剃っても次の日にはすでに生えてきていることです。前日に頑張ってキレイに剃っても普通に1ミリ程度次の日には生えてきます。毛がない状態が数時間しか続きません。なので、ノースリーブの服を着たくてもすでに生えてきているのでなかなか着ることができません。

 

剃るだけではなく抜いたら良いのではないかとも思ったことがあるのですが、試しにピンセットを使って抜いてみると思った以上に痛かったので途中で断念してしまいました。電動の脱毛器具を使うと痛くないのかなと思ったのですが、知人がいつも血だらけになりながら抜いてるという話をしており怖気づいて使ったことがありません。痛みを伴ってしまうのも体毛処理のどうにかならないかなと思う部分の一つです。
また剃刀で毛を剃っていると、いつの間にか毛が皮膚の中に埋まってしまうようになってしまいました。特に膝や二の腕に毛が埋まってしまっています。爪やピンセットで引っ張り出すのですが、肌をひっかいているのであんまりよろしくないのではないかと感じます。

 
自己処理をし終えた後、体をまじまじ見てみると処理の仕方が甘いのか、一部分だけ剃れていないということが多々あります。次は気をつけようと何回も往復して剃っているのですが、肌の凹凸の問題なのか絶対に剃り残しが発生してしまいます。向きを変えたりしてみるのですがあまりキレイに剃ることができません。挙げ句の果てには力を入れすぎて皮膚が切れて血が出てきてしまう時もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です